ページの先頭です

グループウェアとは

グループウエアの利用で効率の向上を促進
G-BOARDの説明

グループウェアとはビジネスマンでいうシステム手帳のようなもの

皆さんは、システム手帳をお持ちでしょうか?システム手帳には、自分のスケジュールを管理したり、アドレス帳をまとめたり、当然、必要事項はメモに取ってみたり・・・。
このようなシステム手帳のような役割を担うのが、グループウェアです。
このグループウェアは、システム手帳の代わりをするだけでなく、必要な情報を公開して社内で連携をとりビジネスの効率化をはかることができるソフトウエアです。

 

個人で蓄積してきた知識やノウハウの共有化

最新の市場動向や顧客情報など、各々一個人では収集できない情報を共有することができます。もちろん、情報の共有化により、社内コミュニケーションの活性化にも繋がります。

 

回覧事項の伝達漏れが無くなる

回覧板を電子化し、電子メールや電子掲示板の利用を多様化すれば、いままで時間のかかっていた情報伝達の問題も解決します。
さらに、電子化することによって伝達漏れなどの不都合は解消され、しかも、情報が回覧されたかどうかの確認も出来ます。

 

進捗状況の把握

上司や部下、さらには社内、グループ内の社員や構成員が各々メンバーの作業進捗状況を知ることによって、社内、グループ全体を見た視野での行動が可能になります。

 

無駄な会議を少なくする

会議は、“顔をあわせる”“実際に話す”といった役割が大切な場合もありますが、不要な会議もあります。ちょっとしたアイデアの募集をしたり、一人の意見に偏らない議論が必要な場合もそうです。
電子メールや電子掲示板を便利に活用することで、こうしたことが可能になります。

 

保管スペースの有効利用

グループウェアにより共通の資料を電子化できれば、いままで場所をとっていた紙の資料を減らすことができます。

 

紙の使用量の削減

電子メール、電子掲示板を使用し資料配布すれば、紙に印刷せず、直接データを再利用・加工を施すこともできます。当然経費の削減にもつながります。

 

お問い合わせ

システム営業本部

電話: 077-526-3955

ファックス: 077-525-4000

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) KISTEM Co., Ltd. All Rights Reserved.